雑記

新卒でフリーランスになるのと、会社員になるのとどっちがおススメ?

分岐点

フリーランスが良いの?副業が良いの?会社勤めが良いの?

 

ブログのことを調べていると、在学中にネットを通じてお金を稼いでいる若者がたくさんいることに驚いたのですが、

・いったん就職すべきか、このままフリーランスとしてスタートするか

・就職せずにフリーランスになることを親に反対されたけど、どうしよう

といった悩みをたまに見かけます。

フリーランスで成功している人に相談を持ちかける人も多いようで、相談をかけられた側は

自分で決断しなさい

と回答している人が多いように思います。 私も、同じ意見です。

でも、背中を押してもらいたい側の気持ちもよくわかります。

年長者の私から言える結論としては

・答えはいま現在を元に導き出される

です。

高卒で就職してすぐに会社を辞めた話

家が貧乏だったのと、もともと勉強が好きでは無かったので、大学に進学せずに高卒で就職することになりました。

とくにやりたいことも無かったので、給与や休日などの条件だけで会社を選び、電気工事会社に就職しました。

興味があった職種ではなかったし、出勤時間が朝8時で早くて嫌だったし、周りの友人が大学に進学して青春の日々を楽しんでいる姿を見て

「オレはなんでこんなことをやっているんだろう」

とふと疑問に思い、1か月も経たないうちに辞めてしまいました。

そこから、ニートやフリーターとして「将来の自分の姿」が見えない毎日が始まります。

フリーター時代、「オレはこんなもんじゃないはずだ」「きっと何か成し遂げられる力を持っているはずだ」と思い続け、本を読んだりバイト先の仲間とバンドをやってみたり、色んなことをやってもがいていました。

今の会社で、高卒ながら管理職をやらせてもらえているのは、フリーター時代にたくさん本を読んだからだと思うし、仕事や音楽を通じて様々な人とつながることもできました。

さて、最初に勤めた会社をすぐ辞めたのは、世間的に見れば間違いなく「ダメダメな行為」だと言えるでしょう。

もしあのまま電気工事会社に勤めていたら、

・それなりの給料をもらって
・今の会社のような、大企業特有の人間関係によるストレスもなく
・手に職もついて将来の不安もあまりない

ような、安定した人生を送れていたかもしれません。

では、もう一度18歳に戻ってやり直せるとして、最初に就職した電気工事会社を辞めずに働き続けるか、と問われたら、やはり

NO

です。

これまで出会ったさまざまな人たちや出来事を経験しない人生なんて、嫌だからです。

でもおそらく、「電気工事会社に勤め続けた自分」に、今の私のような人生でやり直してみたいか、と問いかけたら、きっと

NO

と言うのだろうと思います。

そっちはそっちで、きっと自分なりの人生、これまでの来し方に満足しているだろうから。

なので結局、正解は選択肢にあるのではなく、選んだあとに何をやったのか、の中にあるのかなと思います。

どの道をたどっても、成功も失敗もあります。

正解は探しても見つからない

1)プロ野球選手を目指してスターになって幸せな人生だった
2)プロ野球選手を目指してスターになったけど、そのあと不幸になった
3)プロ野球選手を目指したけどスターにはなれなかった。でもとても満足の行く人生を送れて幸せだ
4)プロ野球選手を目指したけどスターになれず、そのあとの生活はどん底。とても不幸だ

TVや雑誌や書籍を通じて、このようなエピソードを目にしたことがあるんじゃないでしょうか。

この「プロ野球選手」をフリーランスにしても、サラリーマンにしても、アイドルにしても、芸人にしても、同じだと思いませんか?

これならぜったい成功だよ~~、幸せになれるよ~~というのは、無いんですよね。

上にあげた例でいうと1から2になることもあるし、2・4から幸せになる道もあると思います。

それでも調べたく、相談したくなるのも分かります。

統計をとっていけば、「どうやらこの道を選んで正解だった人が多いらしい」ということが見えてきます。

でも同時に、「この環境の場合は?」「この条件の場合は?」と、無限に分岐が増えていきます。

例えばフリーランスが良いのか、副業が良いのか。

フリーランスで月100万以上稼いでいる人もいれば、2~30万の人もいる。 数万の人もいるし、全然稼げなかった人もいるかもしれない。

そもそも失敗して会社員に戻った人の情報なんてあまり手に入らないんじゃないでしょうか。 もしかしたらそういう人が大量にいるのかもしれない。

副業の人だって、そこそこホワイトで余裕がある人もいれば、ブラック企業に勤めていて全然時間が無い人もいる。

ブラックで全然時間が無いからできなかった、という人もいれば、少ない時間を最大限に使って死ぬ気で頑張って成功した人もいる。

と、突き詰めていくと、結局は「自分と全く同じ人はいない」って答えになるんですよね。

 

 

過去の選択が正解だったか誤りだったかは、コロコロ変わります。

正解にも誤りにもなるんだから、迷うならエンピツ転がして決めたら良いと思う。
決めたら、それに向かって何をしていくか、というのを考えて積み重ねていく。

それしか無いのかなと思います。

結局は、自分が何をやったのか、何をやってきたのかが、その時々の正解になるのですから。

何をやろうとするのか、の中には、正解がないのですから。

結論:迷ったらエンピツを転がして決めよう!