食べ物や料理についてのコラム

料理好きはこんなに得!自炊によって得られる8つのメリット

みやん
みやん
こんにちは、料理歴20年のみやんです

今は冷凍食品やレトルトで美味しいものがたくさんあるし、飲食店のレベルもどんどん上がって、自分で料理を作らなくても安くて美味しいものがいつでも食べられる時代になりました

正直、自分で料理を作れるようになるメリットって、そんなにある?

と思っている人も多いと思いますが、

めちゃめちゃあります!

料理をすることによってどんなメリットがあるのか、8つの項目にまとめてみました。

料理を作れることによって得られるメリット8つ!

モテる・好感度が上がる

料理モテる

「好感度の高い趣味」って、男性でも女性でも『料理』が必ずと言っていいほどランキング上位に入っていますよね。

好感度の高い女性の趣味ランキング
https://www.yb77.net/koibana-008/
※料理は1位

好感度の高い男性の趣味ランキング
https://woman.mynavi.jp/article/161120-58/
※料理は2位 (1位はスポーツ)

男性目線で言うと、料理上手な女性は「この人と結婚したい」ポイントがかなり高まります。

知り合いに

「小さいものでも良いから必ず5品は食卓に並べないと気が済まない」

という女性がいるのですが、

今まで付き合った男性全員から求婚された

そうです。

料理が好きでしかも得意な女性とは、

ずっと一緒にいたい

離れたくない

と思うもの。

まさに『胃袋をつかむ』というやつですね。

ちなみに私は男性ですが、料理が趣味でモテたことはありません(笑)。

ですが好意的に受け止められることは確かです。

節約できる

美味しくて安いものを食べようと思ったら、自炊が圧勝です。

たとえばパスタの麺は乾燥したものを買うと一人前は30円~100円くらい。

具材を足してお店のような料理を作っても、一食あたり300円~500円くらい。

お店で食べるのと比べて半額です。

なぜ安く済むのかというと、自分で料理を作ると人件費はかからないからですね。

スーパーやコンビニでお惣菜を買ったり、お店に行くより安く済ませられます。

多少、味を犠牲にすればもっと節約できます。

「1ヶ月1万円生活」というTV番組を見ていても、みんな自炊していますよね。

食費をコントロールするには、やはり自炊のスキルは必須です。

太りにくい

自分で料理ができるようになると、

・鶏ササミの湯引き

・大根サラダ

・コンニャクのソテー

といった、ローカロリーで美味しい料理を揃えたりできますし、「あと一品欲しいけど体重が気になる」といった時の選択肢がめちゃくちゃ増えます。

料理例

https://miyan125jp.com/%e3%81%95%e3%81%95%e3%81%bf%e3%81%ae%e6%b9%af%e5%bc%95%e3%81%8d%e3%81%af%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc%ef%bc%86%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%80%81%e3%81%9d%e3%81%97

余分な脂をカットしたり、食べる量を調節できるので、圧倒的に体重コントロールしやすいです。

というか、料理好きで太ってる人って、ほとんど見たこと無いです。

私は自分で料理をするようになる20歳くらいまで太っていましたが、それ以降は「デブ」になったことはありません。

健康を維持しやすい

自分の体調に合わせて食べるものを用意できるので、健康管理がしやすいです。

例えば

胃の調子が悪くて食欲もあまり無い
⇒ 山芋を使った料理やおかゆ、雑炊など

料理例
長芋の和風冷製スープ
簡単だけどさっぱり美味しい!長芋の和風冷製スープ食欲が湧かない夏場なんかは特に、こんな風に思うときはありませんか? ・何か冷たい料理を食べたい ・食欲がなくてさっぱりし...

 

最近お通じが悪い
⇒ ニンジンや海藻などを使った料理

料理例
人参カツオマヨネーズ醤油
ニンジンで便が柔らかくなる!美味しく食べて便秘解消★ダイエットにも◎料理歴20年のみやんです。 長く料理を続けていると、その時の体調に合わせた料理の定番、のようなものが出来上がっていくのですが、 ...

身体がダルくて元気が出ない
⇒ ニラやニンニクを使った料理

など、自身の体調不良を回復させる料理をパッと用意できます。

きちんと料理をした時

レトルトやジャンクフードを食べた時

で、それぞれ胃と腸の調子がどう違うのか身体で覚えられるようになります。

これは毎日レトルトやジャンクフードばかり食べていてはなかなか気付かない部分ですね。

自分で料理を作れるようになると、「知らないうちに身体の調子が悪くなる」ことは無くなります。

料理好きに太っている人は少ないですが、不健康な人も少ないですよね。

料理好きの男性で糖尿病になっている人って、見たことない

好きな時に好きな料理を食べられる

「急に〇〇が食べたくなった!」

みたいなこと、良くありませんか? 

近くにお店があったり、スーパーやコンビニのお惣菜で買えるものなら良いのですが、

お店が無い

お金をあまり使いたくない

こともありますよね。

そんな時に自炊ができると、安く確実に食べることができます。

例えば↓は急に焼き鳥のつくねが食べたくなって作った料理です。

https://miyan125jp.com/frying-pan-chicken-mince

自炊できると、「食べたいものを食べる」ことのハードルが下がります

「作れた!」という満足感もプラスされるので、本当に楽しいです。

美味しいものを頻繁ひんぱんに食べられる

いつでも好きなお店に食べにいけるくらいお金持ちなら良いのですが、多くの人はそうはいきません。

ですがそこそこ料理が出来るようになれば、

レトルトや冷凍食品

一般的な価格の料理店

より美味しいものを、いつでも食べることができるようになります。

毎日、その辺のお店よりも美味しいものを食べられるって、めちゃくちゃ贅沢じゃないですか?

美味しいお店を見分けられるようになる

料理の知識が身につくと、美味しいお店かそうじゃないか見分けられるようになります。

一番簡単な見分け方は、

自分では作れない料理がある

自分の知らない料理を出している

かどうか。

料理が全然できない人は

そのお店の料理の知識やレベルはどれくらいなのか

が分からないですからね。

料理が出来るようになると、お店選びを失敗することがかなり減ります。

今は特に、ネットの評価があまりアテにできなくなって来ているので、自分で見分けられるようになりたいですよね。

趣味や特技にできる

「自分には趣味が無い」

「得意なものが無い」

という方ってけっこう多いですよね。

そんな方にこそ料理はオススメです。

「料理を食べる」ことって、人間が生きていく上で毎日発生する大事なこと、ですからね。

自炊が出来る能力を身につけておくことはとてもメリットが多いですし、特別な才能も必要ないことなので。

ぜひ自炊にチャレンジしていきましょう!

「料理上達のコツ7選!」料理は誰でも上手くなれる♪ 料理を覚えたてのころは底が焦げて苦くなった目玉焼きしか作れませんでしたが、今では『四川麻婆豆腐』や『スリランカカレー』など、レシ...