ハンバーグ通販

The Onikuの牛100%「そのまんま肉バーグ」の口コミとレビュー/公式動画を見てから作ろう

みやん
みやん
こんにちは、料理歴20年、グルメサイトで10年働いていたみやんです

この記事では、The Onikuの「そのまんま肉バーグ」についてレビューと口コミをまとめてみましたので、購入しようか迷っている方は参考にしてみてください。

通販のハンバーグを色々と購入していると、「牛肉100%」というのはよく見るんですよね。(むしろ牛豚合い挽きの方が少ないくらい)

しかしそんな「牛肉100%」の中でも、このThe Onikuのそのまんま肉バーグはさらにもうひと工夫がなされています。

それは、「つなぎを一切使用していない」ことなんですが、実際食べてみてどうだったかというと

めっちゃ肉!!!  肉すぎて好みが分かれる味

でした。

The Onikuのそのまんま肉バーグって何?

The Onikuってなに?

静岡県で食肉卸しょくにくおろしを行っている会社、株式会社シズオカミートの、グループ企業のようです。

The OnikuのHPを見ると美味しそうな食べ物がズラリ・・・。 なんとも食欲をそそられるサイトです。

そのまんま肉バーグ の特徴

冒頭でも書きましたが、そのまんま肉バーグは牛肉100%で、そしてなんとつなぎを一切使用していません

ということは、肉の割合がめちゃくちゃ多いということですね。

たまに「牛肉100%だけど、なんか肉感あんまり無いな・・」というハンバーグに出会うこともあるのですが、そのまんま肉バーグは逆に肉感しか無いくらいの牛肉度です。

そのまんま肉バーグの種類と原材料

そのまんま肉バーグは2種類あります。

オーストラリア産の牛肉を使用した通常のハンバーグと、国産黒毛和牛を使用した「特製肉バーグ」の2種類です。

続いて原材料です。

そのまんま肉バーグ
■ハンバーグの原材料
牛肉(オーストラリア産)/食塩/グラニュー糖/香辛料/調味料(アミノ酸等)
■オニオンソースの原材料
玉ねぎ/しょうゆ/りんご果汁/醸造酢。りんごパルプ/果糖/桃/かつお節エキス/にんにく/増粘剤(加工でん粉)/調味料(アミノ酸等)/香料 (原材料の一部に小麦/大豆を含む)
特製肉バーグ
■ハンバーグの原材料
牛肉(国産)/食塩/グラニュー糖/香辛料/調味料(アミノ酸等)(豚肉由来)
【オニオンソース】
■オニオンソースの原材料
玉ねぎ/しょうゆ/りんご果汁/醸造酢。りんごパルプ/果糖/桃/かつお節エキス/にんにく/増粘剤(加工でん粉)/調味料(アミノ酸等)/香料 (原材料の一部に小麦/大豆を含む)

そのまんま肉バーグ 基本情報まとめ

通販のハンバーグって解凍せずにそのまま作れるものや、ソースのついているもの、ついないないものなど、色んなパターンがあるので、そのまんま肉バーグの基本情報をまとめてみました。

価格約460円/1個  (特製肉バーグは約568円/1個)
容量180g/1個
ソースソース付き(オニオンソース)
送料980円 ※北海道・沖縄県・一部離島はプラス料金
保存期間製造日より冷凍保存で90日 (特製肉バーグは365日)
解凍時間不明(1日?)
レシピ(紙)あり
公式レシピ動画あり
無し
のし無し
包装紙無し
メッセージカード無し

※ギフトボックス入りの別商品があります。

そのまんま肉バーグの評価

実際に食べてみた評価はこちら!
※そのまんま肉バーグの評価となります。(特製肉バーグの評価ではありませんのでご注意ください)

総合評価 (10.5/20点)

価格(5/5点)

送料を入れても100gあたり437円と、今まで食べた中で最安値です。

通販サイトのレビューで「送料がかかるから高い」というコメントがありましたが、そんなことはありません。 100g単位でみるとかなり安いんです。

味・品質(2/5点)

もう、めっちゃくちゃ肉です。 それに加えて1個あたり180gもあるので、好みでなかった場合は途中から辛くなってきます。

「牛肉感あふれるハンバーグが食べてぇ~~!!」って方には良いと思います。

ハンバーグ自体の味は好みが分かれるところですが、ソースはめっちゃくちゃ美味しかったです!

作りやすさ(1.5/5点)

解凍時間が書いてなかったんですよね・・。 半日冷蔵庫に入れていたんですが、まだ中央は凍ったままでした。 丸一日は冷蔵庫に入れておく必要があると思います。

加えて、牛肉100%でつなぎも無いので、固くならないように焼く、というのがとても難しかったです。

興奮度(2/5点)

サプライズ感はあまりなく、「めっちゃ肉だな!」という感想でした。

肉感を求めている人は逆に興奮度MAXじゃないでしょうか。

私的にはソースが美味しかったので、そこは感動ポイントでした。

こんな人、こんなシーンにオススメ

牛肉100%でつなぎも無いため、めちゃくちゃお肉の主張が強いです。

なので「肉を食べたい!!!」と強く思っている人や、BBQ(バーベキュー)での利用がオススメです。 BBQはパンチのある食べ物が中心なので、ハンバーグを持ち込むなら他の食材のインパクトに負けない味が必要ですよね。 そのようなシーンには最適なハンバーグだと思います。 1個あたりの価格も安いですし。

※キャンプマンガ「ゆるキャン△」に登場したハンバーグではないか、という考察もあるようです。

「そのまんま肉バーグ」の口コミ

そのまんま肉バーグを食べた人たちの感想を集めてみました!

私は「う~~ん」という感想だったんですが、「美味しかった!!」という口コミがたくさんありました。 やはり食べものって人によって評価違いますね。

良い口コミ

 

良くない口コミ

良くない口コミは全然見かけませんでした。

通販サイトの低評価のレビューを見てみると、「小分けにされてないので、1個づつ解凍できない」というのをいくつか見かけました。 なるほど、確かに540g全部食べようと思ったら、2人でもけっこうキツイですもんね・・。

あとは「固い」という意見も多かったですが、それは私も同感でした。ですが口コミを調べると、静岡の有名な「さわやか」のハンバーグのように、完全には焼かずに食べるのが正解なのかもしれません。

「そのまんま肉バーグ」はどこで買うのが安い?

まとめて買う方がお得か?

3個入と15個入の商品があり、15個入りは送料が無料。

3個入・・・2,362円(送料込み)=約787円/1個
15個入・・8,715円(送料無料)=約581円/1個

大人数で食べる機会があるなら、15個入りを購入した方がお得です!

楽天かAmazonで買うのがお得!

楽天とAmazonでは価格が同じなのですが、Yahoo!ショッピングは価格が違っていました。

価格送料
楽天1,382円980円
Amazon1,382円980円
Yahoo!ショッピング1,669円1,280円

※2020年6月現在の価格です。

なぜかYahoo!ショッピングだけ高いですね。

「そのまんま肉バーグ」の作り方

作り方の公式動画がありました。 私はこの動画の存在を知らずに作ったので、正解がよく分からないまま調理したのですが、これから買う人は動画を見ておいた方が良いです。

作り方手順

1:袋のまま冷蔵庫にいれるか自然解凍で解凍
※私は12時間冷蔵庫に入れましたが半解凍でした。丸1日(24時間)冷蔵庫に入れておくことをオススメします。

2:手で平たく形を整える

3:片面中火で2分づつ焼き、フタをして4分ほど蒸し焼きにして完成

写真付き解説

サラダ油小さじ1ほどをフライパンに入れて成形したハンバーグを投入

※解凍時間が足りずに、あまり平べったくできませんでした。

中火で2分焼いたらひっくり返してさらに2分加熱
フタをして4分
フタをあけて出来上がり

※食べる前に包丁かナイフで切って、中まで火が通っているか確認しましょう。

ハンバーグを取り出した後の、脂が残っているフライパンにソースを入れてひと煮たちさせたらソースの完成

 

以上、そのまんま肉バーグについての情報まとめでした。

みやん
みやん
最後までお読みいただきありがとうございました!