料理レシピ

ハンバーグの具材って何が正解なの?研究してみた結果・・・

みやん
みやん
こんにちは、料理歴20年のみやんです

ハンバーグの肉以外の具材って、何がベストなのか分からなく無いですか?

よく出てくるのが

・玉子

・きつね色に炒めた玉ねぎ

・パン粉

なんですけど、

「玉子はいらない」

とか

「パン粉の代わりにお麩を入れる」

とか、色んな具材の情報が入り乱れていて、

いったい何が正解なの???一番美味しいの??

って思っちゃいますよね。

なんで、どの具材を入れたら良いのか、食べ比べしながら試してみました。

ハンバーグの具材に『玉子』は必要か?

ハンバーグの具材に必ずと言って良いほど出てくるのが『玉子』なんですが、入れすぎると柔らかくなりすぎるし、たま~~に、「玉子は入れなくて良い」ってレシピも出てきます。

というわけで試してみました。

VS

 

いざ実食!!

うん、普通に美味い。

ハンバーグのレシピってたいてい玉子入ってるので、無しだと違和感あるのかなと思ったけど、全然無いわ。


※当たり前ですが見た目はほとんど変わりません

あれ?なんか玉子無しに比べてジューシー感が少ないような・・・。

うちの妻的には

玉子無しの方が好き

ということでした。

あと玉子って入れすぎるとハンバーグのタネがグニャグニャになって形を整えにくくなるので、入れなくて良いならそっちの方がありがたい。

あとレシピに「玉子半個分」とか書かれてるときあるけど、余った半分どうすんだよ?捨てるの?ってなっちゃいますよね。

結論:ハンバーグの具材に玉子は入ってなくても良い

ハンバーグの具材に『玉ねぎ』は必要か?

なんと言ってもハンバーグを作る時に一番めんどうなのが

「みじん切りにした玉ねぎをきつね色に炒める」

ってやつなんですよね。

もしも玉ねぎを入れない方が美味しかったら、ハンバーグ作るの超ラクにならね??

と思って、試してみました。

VS

 

いざ実食!!

う~ん、これはこれで美味しいんだけど、何か物足りなくて肉感が強い。

 

さて、玉ねぎ有りはどうでしょう?

やはりバランスが良いですね。

玉ねぎの甘みが加わって、全体の調和がとれています。

玉ねぎ有りの方が美味しいわ。

結論:ハンバーグの具材に玉ねぎは必要

ハンバーグの具材に『パン粉』は必要か?

ハンバーグの具材に『パン粉と牛乳』ってよく出てきますけど、これいったい何のためなんでしょうね?

つなぎの為?味を良くする為?

ってことで試してみました。

VS

 

いざ実食!!

いつものハンバーグです。 普通に美味い。

 

では、パン粉無しはどうでしょう? パン粉無しでも変わらなかったら、節約できるし作るのも楽になるのだが・・・

相変わらず見た目はあまり変わりませんし、型崩れもしませんでした。

食べてみると・・・・

う~~ん、やはりどこかしらジューシーさが足りません

やはり牛乳にひたしたパン粉は必要なようです。

つなぎとして必要か?と言われたら、パン粉無しでも型崩れしなかったです。

玉ねぎと同じく、全体の味のバランスを良くするために必要なようですね。

結論:牛乳にひたしたパン粉は必要

ハンバーグを作る際、『パン粉の代わりにお麩』を入れるとジューシーになるのか?

TV番組「ためしてガッテン」でハンバーグの具材にお麩や寒天を入れるとジューシーになると紹介されていたそうです。

なんでもお麩のグルテンが肉の脂を吸収して保つそうな。

寒天は、「なんかもちもちし過ぎ」という情報があったので、お麩だけで試してみました。
(寒天なんて買っても余っちゃうし・・・)

ちなみにお麩はいったん細かく砕いてから牛乳にひたすので、ちょっと面倒くさかったです。

VS

 

 

いざ実食!!

う~~~~ん、なんか肉のかたまり感が強い。

そして脂を吸ってジューシーになってる感じもあまりなかったです。

では、パン粉の方はどうでしょう?

いつものやつ。

やっぱこっちの方がウマいわ。

結論:お麩よりパン粉の方がウマい

 

ハンバーグの具材に『ニンニク』は入っていた方が良いのか?

写真は撮ってないんですが、ニンニクの有り無しも試してみました。

ニンニク無しのレシピの方が多いですが、少し入れた方が風味が増します。

入れた方が良いですね。

結論:ニンニクは入れた方がウマい

ハンバーグに『パン粉をまぶす』と美味しくなるのか?

ハンバーグにパン粉をまぶすと、

・肉汁が流れるのを防ぐ

・食感がサクサクになる

という情報をかなり昔に見かけて、それ以来パン粉がある時はまぶして焼いてみました。

実際、パン粉まぶすのと普通に焼くのとどっちが美味しいのだろうか?と試してみたところ

VS

 

 

いざ実食!!

外側がシャクッ、サクッとしてて美味しい!!

外はカリッ、中はフワッとした感じ。

 

では普通のハンバーグはどうか

普通である。(当たり前)

肉汁の量は変わらないんですが、食感は断然パン粉ありの方が美味しいです。

結論:パン粉をまぶして焼いた方が美味しい

ハンバーグに『卵白と片栗粉をまぶす』とどうなるのか?

パン粉をまぶして焼くとサクサクになって美味しかった。

では揚げ物みたいに、卵白で包んで片栗粉でまぶしてみたらどうなるのだろう?

旨みが封じ込められるんじゃないか?と思って試してみました。

VS

 

 

いざ実食!!

見た目、なんだか竜田揚げのようです。

う~~ん、別に美味しくなった!感は無いかな。

 

それでは、パン粉をまぶした方を食べてみましょう。

 

うん、やはりパン粉まぶした方が美味しい。

結論:ハンバーグの具材はこれが正解だ!

という訳で、いろいろ試した結果、以下のようになりました

試さなかったもの

他にも「これを入れると美味しい、ジューシーになる」という具材を見かけましたが、試しませんでした。

■ナツメグ

ハンバーグと言えば「ナツメグ」ですが、以下の理由から私は入れない派です

・食後に胃が張る感じがする

・ハンバーグにしか使わないので買っても余る

・肉の臭み消しの役割として使われていたようだけど、今時の肉は臭みがないので入れなくても大丈夫

自分の体質的にあまり合わないので入れていないです。

ナツメグ大好き!って方は入れても良いでしょう。 入れると『ハンバーグ感』が増しますしね。

■豚の脂身

豚の脂身を刻んで入れると、肉汁があふれるハンバーグが作れるそうなんですが、試しませんでした。

面倒だし、脂身を切った豚肉が余るのも微妙だし、太りそうだから。

■寒天

「ためしてガッテン」流のハンバーグによると、お麩と一緒に寒天も入れると良いらしいんですが、買っても余っちゃうし、お麩入れてもあまり美味しくならなかったので試しませんでした。

■塩と砂糖

塩は断然入れた方が良いので有り無しは試していません。

砂糖も少量しか入れないですし、入れた方が風味が増すのは分かっているので、こちらも有り無しを試しませんでした。