料理・食べ物

ナスやトマトが苦手な人に最適な「トマトの湯むき」「ナスのオーブン焼き」

ナスとトマトの下処理

私はトマトはそれほど苦手ではないのですが、生でかじったりはできません。

ナスも苦手ではないんですけど、「食べたいと思わない」くらいには好きじゃないです。

嫌いというまではいかないので、ナスやトマトを使用する料理もたまに作るのですが、自然と「その食材の嫌な感じ」をできるだけ減らす調理の仕方をしています。

そんな私がおこなっている

・トマトの湯むき

・ナスのオーブン焼き

を紹介しますので、同じように苦手感を感じている人や、子供や家族に苦手な人がいる方は、参考にしてみてください。

トマトが苦手な人は湯むきの際に種と筋を取ろう

基本的には普通の湯むきと同じです。 種と筋(すじ)をとるくらい。

トマトのヘタのついてない方に十字に切込みを入れます
トマトの湯むき
沸騰したお湯で20~30秒くらい茹でます
トマトの湯むき
トマトをお湯から取り出して水をかけて冷やします
トマトの湯むき
するとキレイに皮がむけるようになります
トマトの湯むき
ヘタの周りに3~4cm切込みを入れてヘタをえぐり出します
トマトの湯むき
半分に切ったものをさらに半分に切っていきます
トマトの湯むき
もういっちょう。今回は八等分
トマトの湯むき
種をかき出して、白い筋を包丁で切り落とします
トマトの湯むき
こんな感じ
トマトの湯むき

以上!!

これで青臭さや、筋の気になる食感が取り除けます

ナスをオーブンで焼くと焼きいもみたいに香ばしい匂いになる

ナスがあまり得意じゃない人でも、素揚げしたものはけっこう平気だと思うんですが、

油で揚げるのってハードル高い

ですよね。 手間だし、処理も面倒だし。 油吸うのも気になります。

実はオーブンで焼くだけで、めちゃ香ばしくなります。

これはサラーム海上さんという、中東料理を紹介している方が書いていた『ムタッバル』という焼きナスのペーストを作る過程の調理法です。

オーブンで焼くと、焼き芋みたいな香ばしい匂いになってマジで驚きます。

縦に2か所切込みを入れます※縦に切込みを入れてひっくり返して裏側に切込み入れたらOK
200℃のオーブンで40分焼きます
ナスのオーブン焼き
ビニール袋に入れて頭を縛り、20分蒸し焼きにします
焼きナス
蒸し焼きにした後はこんな感じ。ちょっとしぼんでますね
ナスのオーブン焼き
ピーっと皮がむけます
ナスの皮むける
皮をむいたらこんな感じ(ちょっとグロい)
ナスのオーブン焼き

以上!!

時間はかかるけど、オーブンで焼いてる時とビニール袋に入れて蒸し焼きにしている間は放置しておくだけなので、楽ちんです。

掃除したり他の料理作ったり、TV見たり、他のことに時間つかえるので、油で揚げたりフライパンで焼いたりするより効率的

ちなみに魚焼きグリルで同じことをやろうとすると難しいです。 以前失敗しました・・・。(ムラなく焼くの難しいし、途中で爆発したりする)